自分の足で立ち、そして大きな歩み


「つかまり立ちができるようになったんですよ?


メールがあってから2週間後。

c君が久しぶりにやってきました。それも自分の足で
歩いて

去年の5月にこちらにやってきたときには意識もあまり
はっきりしない状態でした。西洋医学の診断は「癲癇」
と「脳性麻痺後遺症」

昨年夏にはほぼ毎日高熱と発作を繰り返し、このまま
施術を続けていても大丈夫なのだろうか?とご両親も
不安だったと思います。それでも信じて通ってくれて、
秋になる頃には発作が起こらなくなっていました。

少しでも麻痺の後遺症に変化が出ることを目的として
施術は続けていたのです。「もうそろそろ、立てるかなぁ
?」くらいのときでした。今年の5月「遠方に引っ越すこと
になって。養精さんも一緒に行って欲しいです」と後ろ
髪引かれてお引越しされました。

地方の鍼灸院を紹介し、どうしているかなぁと思っていた
頃、「上京するので集中して施術を受けたいです。」と連絡
をいただきました。

それが

上京する直前に「階段を昇れるようになったので観て欲しい
?」とやっていらっしいました。

私はその姿を観て感激してハグしたまま泣いてしまいました。
本当にうれしかったです

子供達はちゃんと知っている。自分達のタイミングを。それを
●歳だから歩けない、しゃべれないのはおかしいと大人の判断
をしてしまっていいのかな?と思うのです。

ゆっくりだっていい。それがその子にとって一番適切なタイミン
グなのだから。それを私達大人に教えてくれているんだなって
C君をみていると感じるのです。

そして、「そのままで100%大丈夫」ということを信じること。
それを教えてもらいました。

C君、ありがとう。とてもいとおしい地球の家族です。

鍼灸の施術は ⇒ 養精鍼灸院まで
         hari@yosei333.jp
リコネクション(R)のお問い合わせは ⇒
リコネクションルームYosei re-connect@yosei333.jpへ

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へにほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへにほんブログ村

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRコード
QR