体液調節療法


これは「ざ、温灸器」です。

これが優れもの!我が家では争奪戦が起こっています。

この温灸器は深部に熱が伝わります。カマヤ灸でも灸頭針でもなかなか温まらない「冷えの強い方」には取って置きの道具です。また、通常の棒灸に比べ、煙もにおいもなく快適です。

また、治療家にとっては舌診、脈診などで判断が付きにくい場合の証をたてるのにも役立ちます。

これを発明し、治療に取り入れた先生はすでに亡くなられており、今ではそのお弟子さんが
この治療法を行っているのみ。残念ながら勉強会もありません。さらに残念なのはこの道具の
在庫がないということ。

東京では祖師谷大蔵の「角田治療院」03-3417-9310でこの温灸での全身治療が受けられます。
また、わたしのところでは鍼のほかにこの温灸の必要な箇所への施灸を取り入れた治療をして
います。

自律神経のアンバランスによる更年期障害、精神的疾患には特にオススメです。


*ちなみに写真の「足」はわたしではありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR