節分


節分とは元々、立春、立夏、立秋、立冬の年4回の前日
季節を分けるという意味でした。

平安時代の「追儺(ついな)*」が室町時代に立春前日
の節分に豆まきをする習慣となり、それが今に伝わって
います。

「豆」をまくというのは「お豆」には人知を超えた不思議
なエネルギーが宿るという穀霊信仰から、そのエネル
ギーで邪気や災厄を追い払おうという考え方に基づいて
います。

昔の人たちは生きとしいけるもの全てに神が宿ると考え
ていたんですね。八百万の神。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR