Welcome to my blog

未分類

痛みと下痢

0 0

ここ最近の筋肉痛ったらかなりひどいことになっている。
しかし、先日手に入ったシャスタからの贈物のゲルに助け
られている「Couger Gel」。

これすごいの。思い切り転んで右腕を打った。大きなあざ。
「ああああー、明日鍼が触れるかな?」と心配

でも、そんな心配は全くの無用。翌日は痛みがないの

わー、優れもの?このオイル!と思うでしょ。

不思議なことにどうやら必要のない痛みは取れない(らしい)

先日、さらなる自由になるプロジェクトの一緒に取り組ん
でいる友人がむち打ち状態になったというので、

「これっ、使ってみる?(液体が)でるかわからないけど。」

と差し出したらたくさんでるの。ちゃんと。いっぱい

実はその前に私が使おうと思って何度も何度も
塗っててもちっともでてこないの(液体が)。

必要のない痛みは取ってくれないのかしら?

確かに、鍼の施術をしていてもヒーリングをしていても「痛み」
が取れる人もいれば逆に「さらに痛む」人もいる。なぜ?

さらに、このジェル、使うと喉が渇く。どうしても水分を多く
摂っちゃうの。どうやら痛みをおしっこで流しているようだ。
その友人はひどい下痢になるそうで、以前も交通事故のひどい
痛みを「通導散」という下剤である漢方を処方されたんだって。

なるほどー。

いらないものは「出す」=「手放す」

痛み以外でもアトピーのひどい方の場合、便秘になる方が
多いのですが、こういう場合、鍼の施術では便通をうながす。

「出す」のです。

痛みにも下痢にもそれぞれ意味がある。身体の声ちゃんと
聞こっ。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply