大好きなお仕事のこと、夕陽やお花の写真をご紹介しながらつぶやいています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複式呼吸でセロトニン分泌量増加


セロトニンは最近うつ病や精神的疾患などへの影響がある
として有名になった神経伝達物質のひとつ。

人体では主に小腸に分布し腸の運動に関与しているものと
ごくわずか中枢神経系にあるものが精神活動に関与しており
不安や緊張を解き心身を爽快にする働きをしているのだそう
です。

東邦大学の医学部教授は「腹式呼吸をすることによりセロト
ニンが増加する」と実験結果を発表しています。

ストレスが多い患者さんの中で呼吸が浅い方が顕著にみられ
ます。その場合には腹式呼吸をお奨めしています。また、妊婦
さんはどうしても腹式呼吸ができないので、別の方法もご用意
しています。

お金がかからず、自分の身体の仲の物質で副作用もなく簡単
にできる「腹式呼吸」はお奨めです。鍼灸の施術をしている
途中に呼吸が変わってくるのがわかります。そうするととても
リラックスして深い眠りにつかれる方も多いです。

私は寝る前に複式呼吸を3回しただけでぐっすり眠ってしま
います。どこでも寝られるのでうらやましがられます。笑
コメント
おもしろかったです
うつ病は神経伝達物質セロトニン等の分泌異常といわれていますが、家庭内療法として簡単な腹式呼吸に言及しているのは、とても興味深かったです。これからも有意義な内容を教えてください。
2009/05/23(土) 17:00 | URL | うつ病症状のチェック #79D/WHSg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
脱OLし、不思議に東洋医学の路へと導かれる♪現在は、鍼灸師として活動しているほか、リコネクティブ・ヒーリング(R)哲学に共鳴し、医療従事者として、米国本部公認プラクティショナーとなり、リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。