五十肩の男性

2年ほど前に五十肩がひどく針灸治療を受け、なんとか改善したが、まだ完全ではない方の治療をすることになった。

肩を上に上げる時、肩甲骨を後ろに引っ張る時(肩を後ろに回す)に右肩に運動制限がある。頸もつまりぎみ。パソコンでの作業が続くと右手がしびれてくるという。マウスを使った作業では人差し指の同じ動きが多いため、腱鞘炎のような状態から次第に上腕二頭筋、そして棘上筋への痛み、またパソコン画面を一定の状態で見ているため、頚部(胸鎖乳突筋や斜角筋9の筋肉の緊張も増す。

全身の調節と局所への鍼、灸の治療で1回目は翌日から肩が軽くなったという。

2回目の今日は痛いところに手が届くような鍼の刺激で、ずいぶん楽になったそうだ。

「2年前に施術してもらっていればよかったな」とつぶやかれた。

が、2年前の治療があったから今の状態が有ると思うので、これからも定期的に治療をすすめてゆきたい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR