人生を物語る身体


先日、鍼灸師の先輩から施術の中で「その人の人生に耳を
傾ける」ことをしていきたいという話があった。

「?」

意識的に「人生に耳を傾けること」をしなくても、身体は
その人の人生を物語っている。

中医学の問診では現在出ている症状について詳しくお話を
伺っているのですが、そこにはその症状に至るまでの歴史
いわゆるその方の人生の物語。

実際に患者さんとお話ししているときに「歴史がありますね
ぇ。」とご本人が気が付く場合もあります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

that's right!

bogaさん

過去の自分・・・うんうん、ありえる。

するどい!そうなんです。仕事なくなっちゃうかも(涙)本来はそれが理想なのかもしれませんね。そんな世の中がくるのでしょうか?

Unknown

そうやって考えていくと、ついには治療の必要のない人ばかりになって…
きゃー失業か??
極論でした^^ 過去の自分かもしれないしね

通して見えるもの

bogaさん

他の先輩は
「患者さんを通してみせていただいているもの」は自分自身、いわゆる私の「鏡」なのだと。「う???ん、納得ぅ」

ありがたいですね。

Unknown

まさにその通りですねぇ
 7つのチャクラって本にも同じようなことが言われていました。

そうやっていろんな人生を見せていただいて 生きていく ってすばらしいなと思わせてくださる多くのお客様と係わり合いになれて針灸師は幸せな職業ですよね
hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR