足が痛くてあるけないよぉー涙


と、やってきたのは小学校入学前の男の子。

痛くなる前の日熱を出して休んだ翌々日に半ズボンで鬼ごっこをしたということ。

小さい子供は急に熱を出したり寒くなったりととても変化が早いんです。そのため
回復も早い。

ここ養精鍼灸院では小さくても必要なら鍼をします。本人は痛いと言うより「怖い」
が先にあるので、泣いてしまうのは仕方がないと考えています。ここで、大きな存
在になるのが「お母さん」。お母さんが「痛くても症状が軽くなるのならうってく
ださい。」と子供さんにも「大丈夫よ、痛くても我慢してね。」などの声をかけて
くださると、結構子供さんたち「我慢」してくれるんですよ。

さて、今回は「寒邪」が原因であると考えたので「温灸」で温めました。すると緊
張していた筋肉が柔らかくなり、押しても痛みがなくなります。しかし、最後に奥
のほうに痛みが残るようだったので、そこは同意を得て鍼を。もう小学校入学前の
男の子。がんばってくれました。

終わったあと、「もう痛くないよっ」って両足でジャンプしてみせてくれました!

養精鍼灸院では未就学児の施術を¥500で承っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR