ひとつの全体になること

以前書いた内容で「ひとつの全体にすること」について追って話しま?す。といっ
てましたが、やっと自分の言葉で説明できるようになったので、まとめてみました。

元々、人間は「ひとつの全体」でした。

例えばピアノ。一つ一つの音を調律して、それぞれの音が空間で響きあい、はじめ
て1台の「ピアノ」として演奏ができるようになる。人間もピアノと同じだと思い
ます。それぞれの部分が一つひとつ響きあい、一人の人間として今ここに「アル」。

しかし、いろいろな理由でその部分が分離されてしまうことで「ひとつの全体」で
あることが忘れられてしまっている。

ピアノを調律するように、本来の「癒し」という意味には「ひとつの全体にすること」
にあると思うんです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR