しっかりっ!女子バレー部

中学最後の年だというのに、女子バレー部員の半数がけが、故障。

半月版損傷で手術、アキレス腱切断で松葉杖、捻挫に膝痛。

彼女達の生活を見ていると、けがをしても当たり前の生活をしている。

1)甘いものの過食 → 肥満

2)熟通い → 運動不足 → インナーの筋肉が育たない
        ジャンクフードの飲食 → 肥満

3)身体が硬い → けがにつながりやすい

彼女達の身体の硬さには驚く。まだ14歳くらいなのにもかかわらず、開脚ができない、痛い。足首が回らない。前屈、後屈なんてとんでもない。それでもって激しい運動。きっとトレーニングの前に十分なストレッチはないのだろう。また、それを指導する先生さえもいないのだろう。

また、治療院に入ってから出て行くまで、ずっとあめをなめていたり、時にはおやつまで持ってくる。治療院に来てもそれは1日のうちの数十分にすぎない。日々の生活の改善をしなければ、身体は変わらない。

彼女達とは何度も約束した。「甘いものとつめたいものだけはやめようね。」

・・・それも及ばず

高校になってもバレーを続けたいと願う彼女達。でも、その前に身体の基礎を作りましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR