針で病気は治らない?訳


先日、このブログに「針で病気は治らない」と書きました。そのことについて自分
なりにまとめてみました。

「病気が治る」とは?

元来人間の身体には病気を起こすものに抵抗し、それに対処する自然の力が備わっ
ていると言われています。(この力は「自然治癒力」と呼ばれています。)例えば、
擦り傷をしたときに、少しの傷であればほっておいてもかさぶたができ自然に剥れ
もとの肌と変わらないまでに快復します。これは自然治癒力が働き「身体の内側か
ら治った」ということですよね。

現代医学は外部からそのときの「症状を抑える」治療(=トリートメント)を施します。
現在ではどうもこの症状が抑えられることを「治る」と勘違いされているように思
われます。本来、治癒(治る=ヒーリング)とは身体の内側から起こるもので、
その言葉のもつ本来の意味は「ひとつの全体にすること」(*)です。

(最近では「ヒーリング」がリラクゼーションのような使い方をされているのであえて
 訂正しておきます。)

東洋医学は自然哲学を陰陽論や五行論などに類型し、具合にわかりやすく言葉にし
た医学です。さらに人間のからだに「ツボ」と呼ばれるエネルギースポットやそれ
らをつなぐ「経絡」が発見され、先人達がそれらのツボや経絡を使って「この症状
にはこのツボを使うと改善する」という経験を体系だって理論付けたものです。そ
れが今日にまで至っており、今でも研究し続けられています。

そして、東洋医学の特徴は「自然治癒力を高める」ことにあります。つまり、身体
の内側から自然治癒する力(セルフヒーリング)を活性化させ、症状改善に導くの
です。

ですので「針で病気は治せない」けれども「症状は改善する」というのは、あくま
でも針は自然治癒力を高めるお手伝いはするけれども「身体の内側から治る」のは
本人の治癒力次第です。ということを伝えたかったのです。

(*)「ひとつの全体にすること」についてはまたお話してみたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

シンクロニティ

副作用さえ乗り越える力、素晴らしいですね。
ここに鍼では治らないって書いているけど、じゃな、鍼灸師の役割ってなんなのか?と考えます。みんながみんな自分だけで治るわけではないですからね。わたしたちのような役割がある。

先日、先輩と話していて「確かにその本人の治癒力に因るところが大きい。」ではわたしたちは何をするか?それは「寄り添う」ということではないだろうか?ということになりました。これもちょっと間違うと「依存」になってしまうことになるのでとても難しいことではありますが・・・。

Unknown

正に、友達と昨日同じ話をしたところでした。日本で自殺が多いのは発表されていないある薬の副作用があるのではないか。なんて話をしていたのですが、「じゃ、一方で同じものでなんで治る人がいるのか」
友人が「そりゃ 自然治癒力だよ」
西洋薬の副作用さえも乗り越えた治癒力だ? なんてね。
針は確かに「滞り」を流す力がありますよね。萌芽は「完治」ってニュアンスがないでしょ「あとは自分でやれよ!」ってメッセージもちょっとあるんです^^
よちこ先生文章上手ですね。参考にさせていただきます。続きもたのしみでちゅ
hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR