大好きなお仕事のこと、夕陽やお花の写真をご紹介しながらつぶやいています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆子、again!


「わーい、逆子は元に戻っていました。おかげさまです。」というメイルが届く。
その2日前「とにかく明後日入院して、逆子が戻ってなかったら帝王切開なんです
ぅぅぅ(涙)」と緊急のメイルが入ったのだ。

現在37週目。最近では大きな病院でも不安要素があるとすぐに帝王切開になって
しまうという。32週目の時点で1度のお灸の施術で逆子が戻っていた。しかし、
2?3日前から暑さに耐えられず、クーラーの真下でほぼ裸に近い状態で寝ていた
という。「順調だったのに、この2?3日でいったい何が起こったの?。開腹手術
をするとその後、癒着が起こりやすく腸閉塞の原因の多くはこの手術後の癒着なん
です。だからメスは入れたくないんですぅぅ」と切実なお願い。

この方の原因は「寒邪」と判断。お灸でじっくり温めることにした。

胎動はあるが回転している様子は見られない。2日間の施術の後、「できる限りの
ことはさせていただきました。後はエコーでの結果を見るのみです。」と、やや不安を
残しその場を失礼した。

それが、入院当日、逆子が戻っていたというのである。こういう連絡ってほんとに
うれしいです。
コメント
BINGO!
bogaさん

さっすが。しかし、これが師匠にばれたら「なんでこんなツボ取ったんだ!理由を述べよ。」と詰められそう・・・。(涙)

私達の学校ではツボを歌にして覚えてました。でもbogaさんの覚え方のほうが臨床に役立ちますよ。確実に。

医療費削減!目指しましょ!!!

2008/07/15(火) 11:17 | URL | よちこ #79D/WHSg[ 編集]
Unknown
いやーよく番号で覚えられますよね。学生のころは名前の由来まで調べて、関連ずけて効能も覚えてそれでもってやっとこ。それにしても私の持ってる経穴図ではRENの記述がないなぁ
sp6 とst36で どだ!
あぁ針灸ってすばらしい!
よちこ先生のうでが すばらしい!
医療費削減!ですよね???
2008/07/15(火) 10:05 | URL | boga #79D/WHSg[ 編集]
カナダの中医学って
emmieさん

こんにちは。
そうでした、海外ってツボを番号で覚えるんですよね。以前長野式(正確に言うと松本式ですが)でカナダで治療をしている先生の講義も日本なのにツボの説明は番号でした。ややこしかった記憶があります。

さて、すいませんが、詳しいことは長くなるのでメイルいただけますか?casadlcuerpo@yahoo.co.jpです。よろしくお願いします!
2008/07/13(日) 13:03 | URL | よちこ #79D/WHSg[ 編集]
Unknown
うーーーん,なんだろう。まだ治療まで習っていないので,正直すぐにはでてきません・・・(泣)。婦人科系というと,Ren, Chong mai・・・。うーーん、Ren-4かなぁ。それともUB-32 Ciliaoも婦人科系では大切ですよね。あと子宮穴?補気というとRen-6??? Ren-4 & 6はともに丹田にあるのでこの二つかなぁ・・・。すみません,これが精一杯です。調べたりせず、力試しと思って一生懸命考えてみました!!是非答えを教えてください!!!
2008/07/13(日) 02:37 | URL | emmie #79D/WHSg[ 編集]
書き込みありがとうございます
emmieさん

もちろん逆子の場合に至陰は必須のツボです。そのほかにも症状によって使い分けるのだと思います。わたしはこのほかに2つ、ツボを使いました。

さて、何だと思いますか?婦人科系の要穴と補気の要穴です。
2008/07/13(日) 00:01 | URL | よちこ #79D/WHSg[ 編集]
Unknown
こんにちは。まだまだ修行の足りない私、逆子と言えば、すぐにUB-67(至陰)しか思いつきません。原因に寄って、他にも方法があるのですね。ちなみにお灸はどこに据えられたのでしょうか(質問させて頂いてもいいでしょうか)。こういったケースでもUB-67は効くのでしょうか(もしお灸を据えられた場所がここでないならば)。

いろいろと勉強させて頂いてます!
2008/07/12(土) 11:46 | URL | emmie #79D/WHSg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
脱OLし、不思議に東洋医学の路へと導かれる♪現在は、鍼灸師として活動しているほか、リコネクティブ・ヒーリング(R)哲学に共鳴し、医療従事者として、米国本部公認プラクティショナーとなり、リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。