Welcome to my blog

未分類

かかとの痛み

0 0

かかとが痛いと訴える40代女性。

かかとは「腎」という成長や生殖を司る経絡と深い関係があります。トップの写真
にあるように、かかとの内側にはその「腎」という経絡の重要なつぼが点在してい
ます。

この方の場合、主訴は腰椎すべり症による坐骨神経痛です。時によってその痛みが
かかとまで及びます。体質は上半身はのぼせ、下半身は冷えという問題をかかえて
います。下半身が冷えるにもかかわらず、ヒルズのOLさんのため、寒い冬でもハイ
ヒールにストッキングという姿で出勤されています。さらに、平日はお風呂に浸か
ることがありません。

「腎」という経絡は腰にも深く関係し、「冷え」にも関係があります。

写真?太渓(たいけい):補(*)と
三陰交(写真?)
針を足底に響くよう補(*)します。

足が冷えていて上半身ののぼせがない場合には自宅では写真?太渓(たいけい)と
湧泉に温かくなるまでお灸をしてもらっています。
(のぼせがあるときは別のつぼを使います。)

針をした後はかかとの痛みはなくなるそうです。

【つぼの説明】
太渓(たいけい):内側のかかとの一番高いところとアキレス腱の間
三陰交(さんいんこう):足の内側のかかとから骨に沿って指3?4本あがったと
            ころで骨よりも1cm弱くらい内側
湧泉(ゆうせん):足底で土踏まずに人という文字を書いたところの交わるところ

*補:李式補法
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply