大好きなお仕事のこと、夕陽やお花の写真をご紹介しながらつぶやいています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機能性胃腸障害

突然の辞任で世間を騒がせた政治家さんにつけられた病名です。腫瘍や潰瘍などと
いった症状は見られないが、消化吸収ほかの胃腸の機能に異常があることを指すの
だそうです。さて、これを東洋医学的に診るとどのようになるのでしょうか?

断片的なことだけでの判断になるので、確かではありませんが、
●ここ最近「夜眠れない」
●極度のストレスに強いられていた
●急な体重減少

1.肝気鬱結
  「肝」という経絡は「情緒」を司ると言われています。ストレスや抑圧感、怒
   りなどが過度になると障害がおきやすい経絡です。
  西洋医学で「鬱症」と診断される方々の中にはこれに当てはまる方が多く見ら
  れます。ここから肝鬱化火になると頭痛やめまい、不眠も起こることが考えら
  れます。

2.肝気犯胃
  ストレスが溜まると胃がしくしく痛む、げっぷがでる、食欲不振などの症状が  現れるのは、「肝」という経絡が「胃」という経絡にいたずらして機能低下さ
  せているものと考えます。
  
3.肝脾不調
  この状態になると、ストレスや抑うつ感から下痢や便秘などの消化器系の障害
  が起こってきます。「肝」という経絡が「脾」という消化吸収などを司る経絡
  を傷害するためだと考えられます。

いずれも「肝」という経絡を中心に、抑うつされているものを解消していくような
鍼をしていきます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
脱OLし、不思議に東洋医学の路へと導かれる♪現在は、鍼灸師として活動しているほか、リコネクティブ・ヒーリング(R)哲学に共鳴し、医療従事者として、米国本部公認プラクティショナーとなり、リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。