大好きなお仕事のこと、夕陽やお花の写真をご紹介しながらつぶやいています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甥っ子もうっとりの小児推掌(すいな)=中国式マッサージ

尋常ではない夜泣きにお母さんもお父さんもヘトヘトになっているところに
連絡があった。子どもの夜泣きは何とかならないの?

わたしの知る限りでは小児向けの施術には「小児針」「小児推掌(すいな)」
「スキンタッチ」「ベビーマッサージ」がある。今回は中医学で理論的体系で臨床
でも数多くの症例を持つ「小児推掌」を試してみることに。これも簡単にお家で
できるからということもある。適応は下痢、便秘、発熱、咳、夜尿、夜泣き、嘔吐
などとされている。

前回はいきなり洋服を脱がせてしまったので、大泣きされて小児針どころじゃ
なくなってしまった。しかし、今回は作戦を変え、前の日からおもいっきり一緒
に遊び仲良しになった。

前回とは打って変わって、自分から洋服を脱ぎだす甥っ子、K平とK太。

Oh!仲良しお姉さん(?)には自ら脱いでくれるのねん♪

早速、お腹を「ぽんぽん」と打診。ふたりともかなりの鼓音。甘いものや冷たい
ものが大好きな二人。現在の状況はお兄ちゃんのK平はどちらかというと「内熱」
タイプ、弟のK太は「冷え」タイプ。

なぜか?K平は「鼻水が黄色」「中耳炎」など炎症を起こしやすい。また、ガス
が多い。K太は「水っ鼻」足が冷えている。というところから判断した。

そこから、大人とは違う弁証論治と推掌を合わせてみた。

特にお腹周りの摩法と背中の捏脊(*)には「気持ちい?」とうっとりの様子。
子どもは素直なんですよ。ほんと。お家でできるようにお母さんも試してみる。
「へぇー、さするだけ?」「押さえるだけでいいんですか?」

症状を改善するだけではなく、よほどのひどい症状ではない限り「家庭での予防」
が大切になることを伝えました。

子どもは変化が早く、回復も早いが症状の移り変わりも早い。症状がひどくなら
ないように、お家で簡単にできる「小児推掌」、お奨めです!

*ご参考:中医臨床 Vol27-No.4で中医小児科を特集しています。
コメント
たまご
やす坊さん

感冒のときにしょうがをちょうど大椎のあたりにすり込むってのもあるそうですけど、たまごなんですね?不思議?いろいろな民間療法がありますねー。笑
2007/02/19(月) 11:12 | URL | よちこ #79D/WHSg[ 編集]
わすれました
たしか掌でころがして
顔の打撲のアザをとるところを
ドラマの中でみたことがあります。
(韓国ドラマですが)
民間療法のDVDでは
おそらく
感冒の治療にせなかで
ころがしたと思います。
もう一回みてみますね。笑

2007/02/19(月) 09:17 | URL | やす坊。 #79D/WHSg[ 編集]
ゆでたまご?
やす坊さん

たまごはゆでて何にどうやって使うんですかね?

以前、インドネシアで治療のときに生卵をゆでたまごに変えてしまう仙人のようなおじいちゃんに会いました。これは雑技団というより人間業を超えてます。

お道具もお手入れがいるんですね。大切にします。
ありがとうございます!
2007/02/16(金) 20:49 | URL | よちこ #79D/WHSg[ 編集]
なんか肉たべたくなってきました。

美容には玉を使うことが多いみたいです。
オイルは治療で
美容でやるときはクリームを使えって本に
のってましたよ。
顔もやったりするようです。

道具は使用後
脂とかクリームを塗って
乾燥させないようにしてください。
バリッといくそうなので
(日本は大丈夫かな)

中国の民間療法はたまごをゆでて
使ったり何でもありなので
雑技に近いですよね。

2007/02/16(金) 10:50 | URL | やす坊。 #79D/WHSg[ 編集]
貴子さま
こんにちは。
中医学の授業は着々と進んでいらっしゃるようですね。うらやましぃなぁ。

小児推掌は結構簡単ですけど、中医学の理論にのっとっているので、納得できる内容です。

 >陶器のお皿だって使えるぞ

って雑技団じゃないんだからっと思ってしまうのはわたしだけでしょうか?笑
2007/02/15(木) 13:16 | URL | よちこ #79D/WHSg[ 編集]
牛角・・・
やす坊さん

焼肉やではないですね。(なんて俗っぽい)

前回南陽に行ったときにエステで玉を使っていて、それがまた気持ちよさそうでした。また、水牛の角も使うって先生はおっしゃっていましたが、それが推掌でも有効なんですねー。

大人にもよさそう!

お道具・・いいんですか?詳しくはメイルにて。
2007/02/15(木) 13:14 | URL | よちこ #79D/WHSg[ 編集]
Unknown
道具おくりますよ。
やはり牛角のへらは肌へのあたりが
いいのと手入れが簡単です。
れんげやスプーンとはまた違った感覚が
あるます。
(レンゲで代用するビデオもみたことがあります。)

オイルやクリームを
つけて擦るので
とても気持ちがいいし
すぐに赤くなります。
専用のクリームやオイルを買ってきましたが
日本で普通に売られているものと
あんまり変わりませんでした。

試してみてください。
2007/02/15(木) 10:12 | URL | やす坊。 #79D/WHSg[ 編集]
Unknown
来月2日から中医学の「女性と子供の健康」と推拿のクリニック(外来を受け入れて)の授業が始まります。

チャイニーズのスプーン(れんげ)で擦るテクニックを学びましたが、刮痧療法はそれとは違うものでしょうか? 中国人の先生は「陶器のお皿だって使えるぞ!」と言ってましたが。。。。あまり想像できませんが、スプーンで擦られるの結構気持ちいいですね。 ^^
2007/02/14(水) 21:05 | URL | 貴子 #79D/WHSg[ 編集]
刮痧
やす坊さん

こんばんは。
刮痧療法は有名ですよね。しかし、残念ながら道具がなくてできませんでした。でもスプーンでもいいと耳にしたことがあります。やす坊さんは確かこの療法を取り入れていらっしゃるんですよね?

これってそんなに皮膚が発赤するまでやらなければいけないんですか?症状によってなのかな?
2007/02/14(水) 20:43 | URL | よちこ #79D/WHSg[ 編集]
もう一つ
小児推掌っておもしろそうですね。
最初から施術しようとすると抵抗されるんですね。
私も仲良しお兄さん(?)になれるよう
努力してみようっと。笑

小児っていえば
中国ではカッサ(刮痧)が有名ですよ。
民間療法ですが宋代の医学書から登場します。
水牛の角や玉の板で
治療したい場所をこすります。
小児推掌よりも有名かもしれません。
中国の混乱期に子供の病気予防、虚弱体質改善
発育不良、栄養不良に盛んに用いられました。

ハワイの華僑が子供にカッサをして
その子の背中が真っ赤なのをみた
病院のアメリカ人医師が
幼児虐待と間違え警察に通報。
親権剥奪になる裁判があったという実話が
ありました。
これはその後《グアサ・トリートメント》
という映画になりました。
と知り合いが教えてくれました。
私も前にニュースでみました。

2007/02/14(水) 17:14 | URL | やす坊。 #79D/WHSg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
脱OLし、不思議に東洋医学の路へと導かれる♪現在は、鍼灸師として活動しているほか、リコネクティブ・ヒーリング(R)哲学に共鳴し、医療従事者として、米国本部公認プラクティショナーとなり、リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。