Welcome to my blog

未分類

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)「ものもらい」だって針がてきめん!

9 0

夜、何か目が重いなぁ?と鏡を見たら、右目がお岩さんのように腫れていた。
これはあかん、と早速目の周りに「ローラー針」をせっせとかけたのでした。

以前、針仲間のBogaさんのブログに書いてあったので、わたしも真似して
みたのです。

翌朝、夜の腫れがうそのようにひいていました。さすが、鍼灸師Bogaさん
いいこと教えてくれてありがとう!
施術の中にも取り入れますよ。顔や敏感なところに針を刺すのを怖がる方も
いらっしゃるので、そんな場合にはこんな方法も取れますね。
関連記事

9 Comments

There are no comments yet.
Unknown

右隣らっぱ。  

2007-01-15 23:14

すごい道具があるんだねえ。

EDIT  REPLY    
そう、いろいろあるの

よちこ  

2007-01-16 10:35

らっぱちゃん

いつもコメントありがとう!

これは子供向けに使うように作られたようなんですけど、大人でも十分効力があるんですね。

昔の人のすばらしいアイデアをフルに使わせていただいてますよ!

EDIT  REPLY    
ローラー針つかえますねー

やす坊  

2007-01-16 11:40

ローラー針も
子供以外に使っても
効くのですねぇ。
二間の灸より
早く効きめがありそうなので
こんど麦粒腫の患者をみつけたら
さっそくやってみます。

それにしても
麦粒腫は俗名が数えきれないほどありますね。
「のんめ」とか
先月聞いたばかりです。
そのほかにも本にはない
面白い名前をときたま耳にします。

EDIT  REPLY    
「のんめ」?

よちこ  

2007-01-16 17:54

やす坊さん

お帰りなさい。北京はいかがでしたか?
いろいろなレポートを楽しみにしています。

麦粒腫ってほんといろいろな名前がありますね。わたしの田舎では「ものむらい」と言ってました。笑。

ローラー針、以外や以外、効きました。実はその周りに合った吹き出物まできれいになくなりましたよ。

ニ間のお灸は知熱灸ですか?

EDIT  REPLY    
うひゃ

boga  

2007-01-18 09:06

まぁ?そんな前のものまで読んでくださったんですね?ありがとう!
子供にやったときは 肺経大腸経を下に向かってローラーしたのですが、あんときゃ 自分でもびっくり。治っちゃってるんじゃん。なんで?なんて

大阪出身のダンナのところは「めばちこ」といいます。仙台は「ばか」本当だよん

EDIT  REPLY    
「めばちこ」は聞いたことがあるけど

よちこ  

2007-01-18 19:16

「ばか」はないですねぇ。
いろいろな地域文化によって言い方も様々なんですね。

Bogaさんのブログは生活に根付いているものが多く、とても勉強になるので拝見してますよ?。

肺経大腸経でしたかぁ?。実はわたし・・・。

EDIT  REPLY    
Unknown

やす坊  

2007-01-23 11:44

二間はもちろん透熱灸ですよ。

「ばか」なんてもいうんですね。
中国では針眼っていうそうです。

EDIT  REPLY    
針眼?

よちこ  

2007-01-23 20:00

やす坊さん

こんばんは?。
中国でも面白い言い方なんですね。

ニ間へのお灸は透熱灸ですかぁ、これは何そう?熱く感じるまで?

EDIT  REPLY    
Unknown

やす坊。  

2007-01-26 11:45

二間の灸は
こういう特効穴は
あっ?ちいっていう感じが
こないとまったくききません。
だいたい5?10壮ですが
やはり熱が透るまでです。
ローラー針のほうが気持ちよさそう。

EDIT  REPLY    

Leave a reply