fc2ブログ

Welcome to my blog

婦人科系症例

症例:マタニティブルー

マタニティブルー
今回は、こちらの症例をシェアします。
出産直後「命がけで産みました。」と連絡が来ました。
当初、自然分娩でと陣痛後35時間くらいがんばっていたが、なかなか子宮口が開かず、次第に40度を超える発熱、頭はうつらうつら、このままでは母子ともに危ないということで帝王切開へ。それは命がけでしょう。お疲れ様でした。

退院後「足がだるくて&マタニティブルーで困ってます?。」ということで、ご自宅に出張に行きこのときのお話を伺ったのです。

初産のためお母さんがやや神経質になり、赤ちゃんも一緒に不安定なままいるようです。
「お母さんの不安⇒赤ちゃんの不安⇒赤ちゃんが泣く⇒お母さんも泣きたい」
そんな感じでしょうか?
初日はお母さんの不安な心が表れていましたが、日を追うごとに余裕が出てきて、施術の間、熟睡できるまでになっています。不思議ですね。そうすると赤ちゃんも泣かずに寝ちゃうんですよ。さらに、退院直後は食欲もなかったのが、母乳のこだわりを持って育児もできるようになりました。

産後の身体はエネルギーも血液も不足してる状態です。産後、女性はゆっくり温めて養生することをお奨めします。

中国では産後すぐには入浴したり、洗髪したり、クーラーの中で生足などということはしないそうです。日本での産後ママたちのケアを聞いた中医師は「信じられない」といった具合。それだけ産後の肥立ちを大切にするそうです。

いつもお読みいただきありがとうございます!

ゆるゆると、インスタグラムに移行します♪

インスタOR

↑こちらからフォローお願いいたします💛


◆新型コロナウィルス対策について◆
こちらでは、施術者として、以下、対応させていただいております。どうぞよろしくお願いいたします!
●こちらは、完全予約、完全個室、コロナ専門家の方々もOKしている「2人」の空間です。
●施術者として毎日の体調チェックを行い、風邪症状がある場合には、施術をキャンセルさせていただきます。
●施術時タオルは患者様ごとに取り替えています!
●施術時に、マスク、サージカル用グローブなどの着用しております。
●施術で使用する用具、患者様が触れる場所、床を含めた室内の消毒、換気には十分注意し、対応をいたしております。
●ご予約の皆様におかれましては、37.5度以上の発熱、咳、息切れなど風邪症状が見られる場合には、事前にご連絡ください。

↓こちらのサイト、わかりやすくまとめられています!フェイクニュースの真偽もわかる!


●お問い合わせ、ご予約 ⇒ 養精鍼灸院まで  

     hari(at)yosei333.jp

    *お手数ではございますが、(at)を@に変えてお送りください。


女性向け治療院100選@養精鍼灸院


最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!

こちらをポチっとしていただけると嬉しいです♥

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    


logo reconne logo




関連記事