中国うるるん研修記@南陽 食文化編


美味しいものを目の前にしても胃が受け付けてくれなくて・・。
うるるん・・・

こちらをクリックお願いしま?す!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ラ、ラード???

貴子様

油はラードなんですか?なんとなくわかる気もします。排泄物がべっとりになっちゃうんですよねぇ。
驚きましたよ。

薬膳料理にはありつけませんでしたが、やっぱり日本で日本人にあう中華料理を食べるのがわたしにはあっているのだなぁと実感しておりました。

そうそう、細身

どんぐりさん

いつもコメントうれしゅうございます。

どんぐりさん、健胃そうですものね。数キロ太ったんですか?今はその名残はないですねぇ。

最近は中国でも都心では「減肥」の針が流行っているそうなので、やはり「バブル景気」なのでは?

南陽はまだ田舎なので太っている人はあまり見かけませんでした。が、大陸の人ってもともと「胃が強い」のかなぁ?

上海料理

ながながさん

いつもお越しいただきありがとうございます。おっさんたちの食欲って驚きますね。お酒もがぼがぼっ。だから元気なんだなぁって感心してました。

3日目辺りには百会に針して発汗してましたけど。笑

韓国料理店?

やす坊さん

こんにちは。コメントありがとうございます。
千ちゃんはお元気ですか?

熱を出すほどの油。とても理解できます。「湿熱」がうつ積しそうですもの。しかし、韓国料理も辛いイメージですが、油が少ないんでしょうか?

月餅は激甘?でした?わたし、疲れてたのかなぁ?ばくばくいただいてました。中国にしては「お高い」なぁと思ってはいましたが。値段によって味が違うんですね。

Unknown

中国料理に使う油はラードを使っていると聞きました。 だからお茶をたくさん飲むのだそうです。 
すべての中国料理店がラードを使っているかは分かりませんが。  プラス、アルコールも頂くとてきめんですよね。 
 
普段から油物の少ない「よちこ小料理店」の食事を頂いていたら脂っこい料理はすぐもたれそうですね。

以前、私が北京にいったときは薬膳料理をいただきました。  グロテスクでなさそうなもの!?を選んで食べました。 ^^

Unknown

「胃が受け付けない」・・・それが正解です!?

ワタシはいつでもウエルカムだったので、数週間で5キロは太ったなぁ・・。
でも、中国でぶよぶよな人あまりいないと思いません?食後のウーロン茶がいいのかなぁ。

Unknown

 なんだかおいしそうですねー。上海の食べ物は美味しいと思ったものが、北京ダックと、野沢菜の炒め物みたいなものだけでした。牛肉の炒め物もいけたかな。やはり、おじさんたちはすごい勢いでなんでも食べてましたが・・・。脂っこいのは同じですね。中国に行ったのに餃子はもちろんのことラーメンも出てきませんでした。無念・・・。

脂っぽいですよね

中華料理は
日本人は2日目か3日目でだいたい
食べられなくなります。
1週間で便秘になり
1ヶ月で熱を出して寝込みます。
そうすると
私たちは韓国料理店にかけこんで
胃を調節してました。
慣れるといくらでも食べれるんですが・・・。
月餅は中秋節にお互いに贈りあうのですが
激甘なので食べたくないらしく
外国人に押しつけます。
高級月餅はおいしいらしいですよ。



hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR