FC2ブログ

Welcome to my blog

Daily

中国ウルルン研修記@トイレ事情

0

いつもお読みいただきありがとうございます!

お食事中の方、申し訳ございません^^;

「ドアはある?」

「きれい?」

「水は流れる?」

「紙はある?」

だいたいこれがトイレに行った人に確認する言葉でした。
あったらよかった。こんなトイレ。
「ドア」があっても天井まであるわけではなく、立ち上がると顔がのぞく高さ。
「きれい」なのは昔の日本のように大きな穴が掘ってあるわけじゃないので、前の人のものが そのまま残っていることは普通にあり。
「水洗」のようなペダルはあるものの水は流れず。
「紙」はまず「ない」

滞在したホテルにはもちろん洋式のトイレがあります。が、水圧が低いのとトイレットペーパーが硬いために「トイレがつまる」「トイレが流れない」のは日常。そのため、「現地のトイレットペーパーは便座に流してはいけない」のです。

観光地、レストラン、大学には「ドアのあるトイレ」がありました。が、「きれい」「水が流れる」「紙がある」のはラッキーな場合。ドアがあっても鍵が無いのも良くあること。

話題の「ドアのないトイレ」の洗礼を受けたのは、なんと、研修先の大学付属病院にて。
ドアがあるのは女性用トイレ部屋の入り口のみ。個別トイレには前後の敷居のみでした。
イメージで言うと、日本のスパや温泉旅館の大浴場に個別の敷居がありますよね。そこに溝があって、それをまたぐといった具合でした。


想像できますか?

その「女性用トイレの部屋」は窓も大きく開け放たれ、私は幸いほかに人がいなかったので、とても開放的にトイレを使うことができました。ほかに人がいなければ「まぁ、こういうのもいいかなぁ」とまで、思える自分がいるのにびっくり。

しかし、やはり衛生的には、とてもきれいとは言えません。

また、トイレ部屋が屋外で開放されていれば「臭い」に困ることはほとんどないのですが、 上記の事情を察していただければわかると思いますが、屋内にトイレ部屋がある場合にはにおいがこもってしまうので、これまた困ったものでした。

 南陽の人たちからすればそんなトイレにうるさい人たちが「温泉などの大浴場で裸になるのが考えられない」そうで、まぁ言われてみれば、しかり。

「処変われば」といったとこでしょうか?


最後までお読みいただきありがとうございます♥

●鍼灸の施術は ⇒ 養精鍼灸院まで  

     hari(at)yosei333.jp
予約ボタン ⇒ https://www.shinq-yoyaku.jp/salon/945/

logo reconne logo

関連記事