中国うるるん研修記@南陽 南陽あれこれ


こちらを⇒クリックお願いします!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

白酒

ながながさん

こんにちは。

白酒は実際わたしも口をつけていないので、味はわかりませんが、飲んだ先生の感想では「口にライターを近づけたら引火する」って表現してました。ウォッカの強いのと同じくらいなんでしょうか?

やす坊さん、どうでしょう?

紹興酒は梅干を入れて飲むとさっぱりしていて美味しいそうですね。

張仲景のこと、わたしよりも詳しく説明していただいてありがとうございます。勉強になりましたー。またいろんなこと教えてくださ?い!!!

ひいいー。

 60度のお酒。。。3杯・・・。白酒の味はどんなんでしょう。

 私は上海で紹興酒を少しだけ飲みました。氷砂糖を入れて飲む習慣があるらしく、(地方によるんですかね)それは、おいしくいただけました。
 
 張仲景、その人の顔を見ただけで病気と予後が分かったという望診の達人。傷寒雑病論を書くきっかけになったは社会全体の乱れと、自分の一族の多くを傷寒病で失ったこと、だったそうですね。像の足元に立っただけでも、厳粛な気持ちになれそうですね。

ただいまぁ

やす坊さん

いつもコメントありがとうございます。

やす坊さんも白酒地獄を味わったんですか?そうですよね。留学なさっていたんですものねぇ。

通訳をしてくださった先生は宴席が4部屋あったので、9X4=●くらい飲まされていたのではないでしょうか?最後はお水を飲む振りをしてコップに戻してたって聞いたけど・・・涙ぐましい。

この魔の手を逃れる言い訳として
「お酒アレルギー」「口内炎」「妊娠中」が使えそうです。が、「口内炎」だけで中国人の魔の手が許すかどうかですねー。

おかえりなさい

おもしろかったです。
南陽の「三顧の礼」が有名なんですね。
なんでも三の数字にこだわるっておもしろいです。

白酒飲んで死にそうになったことがあります。
中国ではお酒は飲めないことにしといたほうがいいですね。
hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR