FC2ブログ

Welcome to my blog

鍼灸理論

中国ウルルン研修記@南陽 研修目的

0

いつもお読みいただきありがとうございます♥

你好(ニイハオ)!

以前の研修日記を再度シェアします!

この研修では、1ヶ月くらい滞在したほど内容の濃い時間を過ごして参りました。

この研修の目的は、私たちの尊敬する「李世珍」先生のふるさとである南陽に針灸の真髄を学ぶためでした。

2002年に来日され体調が悪いにもかかわらず、40日間にも及ぶ研修をしていただき、その後も亡くなる直前まで患者さんに針を刺し、針灸に一生を注いだ
李世珍」先生。


 
「医療に国境はない。」「わたしの持つ全てのものを包み隠さず伝える。」と
おっしゃってくれた世珍先生のお墓参りをし、「李氏針灸の志を受け継ぐ」
という思いをそれぞれに誓ったのでした。

 

現在はその志と針灸理論、技術を受け継ぐ李氏針灸5代目の伝岐先生、宛亮先生、六代目の李楊先生、10年間、世珍先生にしごかれたという潘先生他が李氏針灸を臨床現場で実践していらっしゃいます。


(写真は左から、わたくし、宛亮先生、5代目伝岐先生、6代目楊先生)

この研修では、そんな南陽市中医院と付属病院の臨床現場に密着し、研修を受けてまいりました。


@臨床現場編
@症例編
@食文化編
@生活編(トイレ考察)
のシリーズでお届けします♪


●鍼灸の施術は ⇒ 養精鍼灸院まで  

     hari(at)yosei333.jp
予約ボタン ⇒ https://www.shinq-yoyaku.jp/salon/945/

logo reconne logo



関連記事