FC2ブログ

Welcome to my blog

小児鍼症例(疳の虫・夜泣き)

《小児針:耳の痛みと耳鳴りピタリ!》

小児針
いつもお読みいただきありがとうございます!
(写真はbabyですが)今回は小学校高学年のお子様の症例です。
主訴は耳鳴りと耳の痛みではなかったのですが、いらした日の朝から「耳の中から音が聞こえる」のが気になっているということでした。
症状のある耳の下から首すじにかけて、やや腫れがありました。
施術は、全体のバランスを整え、小児針で全身も調整。
ママさんにも「自宅ケア」をお願いしました。

翌日からケアしてくれたママさんには「音が聞こえる」とも「耳が痛い」とも訴えてはいないそうです。

子どもたちの回復力って本当に速いので驚きです!

特に男児の場合には、「陰陽」でいうところの「陽気」が強いため、春から夏にかけて「熱」による症状(EX.発熱、頭痛、中耳炎、副鼻腔炎など)が出ることが多いです。
こういう症状にも「小児針」、とっても効果があります!

◆新型コロナウィルス対策について◆
こちらでは、施術者として、以下、対応させていただいております。どうぞよろしくお願いいたします!
●施術者として毎日の体調チェックを行い、風邪症状がある場合には、施術をキャンセルさせていただきます。
●施術時に、マスク、指サックなどの使用をさせていただきます。
●施術で使用する用具、室内の消毒、換気には十分注意し、対応をいたしております。
●ご予約の皆様におかれましては、37.5度以上の発熱、咳、息切れなど風邪症状が見られる場合には、事前にご連絡ください。

↓こちらのサイト、わかりやすくまとめられています!フェイクニュースの真偽もわかる!


●お問い合わせ、ご予約 ⇒ 養精鍼灸院まで  

     hari(at)yosei333.jp

    *お手数ではございますが、(at)を@に変えてお送りください。

関連記事