FC2ブログ

Welcome to my blog

小児鍼症例(疳の虫・夜泣き)

【症例:小児はり】3ヶ月近く続いていた咳、発熱

小児咳
いつもお読みいただきありがとうございます!
お子様の反応は本当に早いです!

お子様、特に男児の場合、「陽」体質の場合が多く、発熱や炎症を起こしやすいようです。「陽」のエネルギーは上に昇りやすいため、中耳炎、副鼻腔炎、発熱など、からだの上の部分に症状がでやすくなります。


3ヶ月も続くと、ママさんにも負担がかかりますよね。


お子様が早く楽になることで、ママさんも早く楽になりますよ!


鍼灸の施術は ⇒ 養精鍼灸院まで  

     hari(at)yosei333.jp

予約ボタン ⇒ https://www.shinq-yoyaku.jp/salon/945/


logo reconne logo

関連記事