fc2ブログ

Welcome to my blog

施術室

私の鍼灸物語~鍼灸師になった理由3

鍼灸師

元銀行員という経歴を持つ私。

「なんで鍼灸師になったんですか?」と、よ~~~く、聞かれます。

銀行員時代の友人に再会。鍼灸師になったこと知らなかった彼女は一言。

「過去、ずいぶん人を傷つけたから、その反省から、人を助けるお仕事してるんじゃん?」

って、反論できませんでしたねぇーー;

(人を傷つけるってことは、自分も傷つけているということでもあるからですねーー;)


実は専門学校卒業間際まで迷っていました。会社員に戻るか、このお仕事に従事するか?
専門学校のクラスメートに

「臨床の現場に出てみたら?一度も経験しないで辞めるのはもったいないよ!」と、アドバイスを受けまして、お休みの日に、臨床現場でアルバイトしたんですよね。

それが、なんと現場が楽しくて楽しくて仕方がなかったのです。


何がって?

「患者さんと接すること」

ルーティンのお仕事が苦手な私には、とても魅力的なものでした。「私、人間が好きなのね!」って❤


時に、残念に思うこともあるけれど、2003年に鍼灸師の資格を取ってから、まだ一度もやめたいと思ったことがありません。


このお仕事に出会うことができたこと、いらしてくださる患者様、そして、信頼して大切な方をご紹介してくださる皆様には、心より感謝申しあげます。


こちらでは、どんな状況にあっても、健やかでイキイキと最高の笑顔でいられるようにサポートしています!


いつもお読みいただきありがとうございます!

ゆるゆると、インスタグラムに移行します♪

インスタOR

↑こちらからフォローお願いいたします💛


◆新型コロナウィルス対策について◆
こちらでは、施術者として、以下、対応させていただいております。どうぞよろしくお願いいたします!
●こちらは、完全予約、完全個室、コロナ専門家の方々もOKしている「2人」の空間です。
●施術者として毎日の体調チェックを行い、風邪症状がある場合には、施術をキャンセルさせていただきます。
●施術時タオルは患者様ごとに取り替えています!
●施術時に、マスク、サージカル用グローブなどの着用しております。
●施術で使用する用具、患者様が触れる場所、床を含めた室内の消毒、換気には十分注意し、対応をいたしております。
●ご予約の皆様におかれましては、37.5度以上の発熱、咳、息切れなど風邪症状が見られる場合には、事前にご連絡ください。

↓こちらのサイト、わかりやすくまとめられています!フェイクニュースの真偽もわかる!


●お問い合わせ、ご予約 ⇒ 養精鍼灸院まで  

     hari(at)yosei333.jp

    *お手数ではございますが、(at)を@に変えてお送りください。


女性向け治療院100選@養精鍼灸院


最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!

こちらをポチっとしていただけると嬉しいです♥

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    


logo reconne logo




関連記事