大好きなお仕事のこと、夕陽やお花の写真をご紹介しながらつぶやいています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと待った!インフルエンザに花粉症、お薬を飲むその前に

市販の薬、西洋医学の病院で処方されたお薬を飲むのはちょっと待って!

つらーい、花粉症にインフルエンザ。どうしてもその症状をとめたいために、薬を飲んでしまう気持ち、よくわかります。しかし、その前に自分の中の免疫力を高めて症状を克服する事をお薦めします。

先輩鍼灸師はこういいます。「アトピーにしても花粉症にしてもアレルギーの患者さんの場合、症状が改善するためには飲んでいた薬の年月の2倍は掛かる」と。また、鍼灸の治療を始めると一度からだの毒素を出そうとするので症状がきつくなってしまうという事です。

薬には副作用がある。一生のみ続けますか?

それとも薬を使わないでも元気でいられる身体をつくりますか?

鍼灸には免疫力を高める力があります。他にも漢方薬など免疫力を高めるものがあります。漢方薬はその方々の症状に合ったものを処方してもらうのもいいでしょう。お薦めの漢方薬局

免疫力を高めるといわれている↓
板藍根(ばんらんこん)
 漢方薬を扱う薬局で手に入ると思います。20分ほど煮出さないといけません。が、最近ではお茶のパックが簡単に手に入るようです。

 柿の葉茶
 ビタミンCが豊富に含まれていて免疫力を高める作用があるといわれています。

キャッツクロー茶
アマゾンハーブのひとつでリトマス試験紙のようなお茶です。我が家でもご愛飲!

ラクトフェリン
 お母さんの初乳に多く含まれているといわれています。が、そんなに多く出回れないと思うので薬局などには牛の乳から採ったものから作られているようです。またラクトフェリン入りのヨーグルトなんてのも出回っています。(が、効果のほどはどうなのでしょう?)

ご参考↓
とても勉強になります。一度目を通してみてください。免疫プラザさんのサイトご参考ください。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
脱OLし、不思議に東洋医学の路へと導かれる♪現在は、鍼灸師として活動しているほか、リコネクティブ・ヒーリング(R)哲学に共鳴し、医療従事者として、米国本部公認プラクティショナーとなり、リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。