低体温のお話

身体の不調が出ている方の多くは「低体温」にあると考えています。「身体の冷え」ですよね。

人間として快適に活動するための理想の体温は36.6?37.0℃だそうです。

平熱が36.2℃以下であれば「低体温」を心配されたほうがいいそうです。

【低体温の原因】
 運動不足、食生活の乱れ、ストレス、タバコの吸いすぎなど
 
【低体温で起こる症状】
 風邪を引きやすい、太りやすい、むくみやすい、便秘、肌荒れ、体力がないなど

【対応】
 ●食事は規則正しく
  特に寒い季節での野菜の摂取は「加熱して」
  根菜類・香味野菜など身体を温める食べ物をとること
 ●水分の取りすぎには注意!
  冷たい飲み物は避けましょう
  温かいコーヒーやお茶もとりすぎには注意が必要です
 ●規則正しい生活を
 ●お風呂にゆっくりつかる
  特に下半身を温める
 ●運動をして体内の熱をあげるように
  服を着込むよりも運動
 ●エアコンなどの暖房器具の使用は体温調節機能をにぶらせます


鍼灸治療では「身体を温める」効果がとても高いです。何をやっても改善しない方、鍼灸の治療院にご相談ください。また、漢方薬でも改善しますので、専門医にご相談ください。

ご参考
「体を温めると病気は必ず治る」 イシハラクリニック院長 石原氏著

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR