Welcome to my blog

鍼灸理論

宇宙は「陰と陽」の世界

0

陰と陽

古代の中国思想では、人体の仕組みにみられる原理は大宇宙のエネルギーの流れの反映だと考えられていました。外界から体内に流れ込む「気」というユニークなエネルギー気質が基本概念の一つです。
「気」は飲食物、空気から摂取するエネルギーであるとともに、人体を養い、細胞を組織化する作用を持つエネルギーだということです。
このエネルギーは、太陽エネルギー放射に含まれる微細なエネルギー、テレビやラジオなどの電波、多様な電磁波など無数の異なる周波数と共鳴し、同時に影響を受けているということです。
(著書「バイブレーショナル・メディスン」より)...
宇宙の哲学が東アジアで易経をベースに発生したのが、医療分野での鍼灸、漢方薬、気功、住居学では風水、染め物も五行説がベースにあるようですね。

関連記事