Welcome to my blog

未分類

強さと優しさ

5 0

「風邪をひかないように。元気でね。」が口癖の祖母。躾に関しては妥協しない
がんとした強さを持っていた。孫たちからしてみれば「口うるさいおばぁちゃん」だ。

そんな祖母だが

鍼灸師免許取立ての頃、祖母が「ほー、そんなすごい資格とったんだね。私の腰に
鍼をしてみてよ。」と第一号の患者さんだった。こわがる母にも「気持ちいいから
針打ってもらったら?痛くないよ。」と薦めてくれた。
踊りの舞台に立ったとき、「上に下にすごい動くけど、疲れなかった?わたしゃ
観てるだけで疲れちゃったけど、すごいねー。がんばった。」と褒めてくれたのは
祖母だけだった。
枕元で祖母を看ているわたしに「わたしのことはいいからだんなさんとお仕事を
優先させなさい。わたしは大丈夫。」といいながら夜になると「もう、帰る?
夜は独りになるんだね。」と寂しそうに話す祖母だった。

祖母の口うるささのおかげで「しっかりもの」といわれることができたんだろう。
祖母の優しさのおかげで、好きなことが伸び伸びできたのだろう。

強さと優しさは比例するんだろうなぁ。

祖母、享年92歳、満月の夜静かに眠る。
関連記事

5 Comments

There are no comments yet.
Unknown

ハイキック  

2006-04-15 01:04

謹んで、ご冥福をお祈り申しあげます。

EDIT  REPLY    
Unknown

erutan  

2006-04-16 02:35

孫からそんな風に思われているなんて、きっとおばあさんも幸せだと思います。

EDIT  REPLY    
Unknown

のびこ  

2006-04-16 10:42

私も「おばあちゃんっ子」でした。早くに亡くなってしまったので、今は遠い記憶を時折呼び起こしては祖母を懐かしんでいます。

親も無条件の愛情を注いでくれるけど、祖父母の孫に対する愛情は格別ですよね。

今は核家族化が進み、或いは祖父母が遠くに住んでいてなかなか会えない、といった家族が増えたのでしょうね。祖父母から学ぶこと、って沢山あると思います。そして与えられることも・・・

強さと優しさ、まさしくそうですよね。

ご冥福を心よりお祈り致します。

EDIT  REPLY    
Unknown

まー  

2006-04-16 22:37

 先生の懸命な看護をうけ、お祖母様は最期まで幸せだったでしょうね。
 ご冥福をお祈り申し上げます。

EDIT  REPLY    
ありがとうございました

よちこ  

2006-04-18 20:43

おかげさまで、無事、祖母を見送ることができました。祖母の遺言どおり「お仕事とだんなさんの世話」に復活します!
みなさま、また引き続きよろしくお願いします。

EDIT  REPLY    

Leave a reply