Welcome to my blog

未分類

収束性思考

0 0

大人になると自らの行動を限定して考えてしまうことを「収束性思考」というそう
なのだが、これが治療においてはまたやっかいなもので、「治療しても結局はこれ
までやな」と治ることに限界を設定してしまう。そうすると、どうもそこまでで
改善が見られなくなってしまう。(のは、わたしの気のせいだろうか?)

わたしの力不足も否めないのだが・・・

ただでさえ東洋医学は眼に見えない穴(つぼ)やら経絡(気の道)やらを使って
全身を治療していくゆえ、眼に見えないことを信じない人に対してはどうしても
疑問視されてしまう傾向にある。ゆえ、びくとも反応しないことがある。

それをものとも言わせず、ダイナミックに動かせる力が欲しい。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply