FC2ブログ

Welcome to my blog

鍼灸症例

咳ぜんそく

0

蝶3

いつもお読みいただきありがとうございます!

空気が乾燥してくるこの季節



先日も呼吸器疾患の件はお伝えしましたが、実は、311後から急に増えている呼吸器の疾患。

こちらで
も呼吸器の不調を訴える方々、今まで異常に悪化したという方々
の声も聞かれています。



最近多いのは「ぜんそく」。



中医学では「」や「喘息」といっても病名で診ていくことはなく、その方の状態(例えば、一日の内で一番関のひどい時間、
乾燥したなのかを伴うなのか?の色など)で診ていき、それぞれの状況で施術の内容が違います。



長く患っていらっしゃった患者様が
「ここ最近調子がいい」

小さなお子様の場合には
「もうすっかりでなくなった」


などの声も聞かれます。



私自身も子供の頃、小児ぜんそくでつらかった経験があるので
呼吸のできない状況のつらさがわかります。
また、なぜか今年は風邪から呼吸器を患うことが多くなってしまいました。ホルモンのバランスが崩れはじめたからかしら?



鍼灸の施術は ⇒ 養精鍼灸まで  

     hari(at)yosei333.jp
予約ボタン ⇒ https://www.shinq-yoyaku.jp/salon/945/

logo reconne logo







関連記事
鍼灸田園都市線桜新町用賀ぜんそく呼吸器疾患女性鍼灸師