FC2ブログ

Welcome to my blog

鍼灸症例

まぶたが落っこちてきちゃった(--;)

0


無題

いつもお読みいただきありがとうございます!

これは、祖母のことです。

悪性腫瘍ではなかったという祖母のお話はお伝えしたかもしれませんが。

その後、医師から「このまま(原因のわからない)塊が身体の中にあることで痛みがでるかもしれない。」と言われ、手術をする事を決めた祖母。



手術の後、なんと!?右のまぶたが開けようと思っても開かなくて、落ちてくる(いわゆる『眼瞼下垂』)状態になってしまった。眠くてじゃないですよ。

(私からみると、
右の顔全体が麻痺した感じにも見える。)

さらには右のかかとも歩くと
痛みが走るようになったと訴えたのです。

ただでさえ、手術後の傷跡は痛いですよね。さらに、今までなかった症状まで
起こってしまった祖母。



もちろん、落ち込む


でも、本人の選択だから本人も受入れるしかないと思っているみたいでした。



お見舞いの時に、手と足を丁寧にマッサージしてみたんです。すると「眼がね・・・見えるようになったよ。まぶたがあがった!」と
祖母が。落っこちていたまぶたを自分の力であげられるようになったみたいです。


よかった!



鍼灸の大好きな祖母は「今日は針、持ってないんだよね」って残念がっていました。


鍼灸の施術は ⇒ 養精鍼灸まで  

     hari(at)yosei333.jp
予約ボタン ⇒ https://www.shinq-yoyaku.jp/salon/945/

logo reconne logo








関連記事
まぶたがおちる顔が引きつる顔面麻痺踵の痛み鍼灸マッサージ