生きているとは奇跡の連続なんですね♪

奥入瀬きり
幻想的な奥入瀬でした
そう教えてくれたのはC君。4歳。

彼がこちらにいらしたのは2年ほど前になる。
当時、意識がなく毎日、発熱と癲癇発作の繰り返し。

それでも1ヶ月するとずいぶんと癲癇発作が減って
きて、3ヶ月もするころにはほとんど発作がみられなく
なってきた。

意識のほうは徐々にではあるが変化が見られた。
笑ったり、泣いたり表情が変わること。名前を呼ぶと
呼ばれているのがわかるらしく、呼んでいる方向を
向く。少しずつの変化が本当に嬉しかった。

そして、ずいぶんと体力が付いてきた頃、引越し。
その3ヶ月後であったとき、彼は自分の足で立っていた
のだ。

C君が「立てた」ということに感激し、Hugしたまま
泣いてしまった。本当にいとおしく、嬉しかった

そんな彼から教えてもらったのは
「生きている」ということは奇跡の連続であるということ。

生まれたばかりは何もできない赤ちゃんが、おっぱいから
離乳食に変わり、1年もすれば歩くようになり、2年もすれば
おしゃべりをしはじめる。それが「当たり前」のように。

でもC君は違った。呼吸をすること、ミルクを飲むこと
笑うこと、泣くこと、一つ一つが彼のペースでゆっくり
だけれども変化をしていく。

それが「奇跡」であるということに気がついた。

呼吸ができること、ご飯が食べられること(それも美味しい)
そして、笑い、泣いていられること。(そこに大好きな仲間
がいたらもっといいですね)

それだけで私達は奇跡の中に生きているということ。

だから、死にたいとか無駄に生きているなんて言ってほしく
ない。せっかく奇跡の命をいただいたのだから、感謝して
「今この瞬間」を愉しみましょ

リコエンクティブ・ヒーリング(R)哲学では
「奇跡を起こす必要はない」
「もう私達はこのままで100%完全なんだ」
もしかしたら、こういうことなのかな?となんとなく
思いました。


【お知らせ】

●8月29日月曜日 ワークショップあります。
「陰陽五行で生きる力UP!この日は新月になるのでデトックスを
 中心にお話しま~す♪

鍼灸の施術は ⇒ 養精鍼灸院まで
         hari(at)yosei333.jp
●リコネクション(R)のお問い合わせは ⇒
リコネクションルームYosei re-connect(at)yosei333.jpへ

*(at)を@に変えてお送りくださいませ。

●医療従事者としてリコネクティブ・ヒーリング(R)哲学に
共感し、Team heart worksとしても活動中


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 統合医療へにほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへにほんブログ村


logo
reconne logo

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

tag : 脳性麻痺 癲癇 鍼灸

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR