大好きなお仕事のこと、夕陽やお花の写真をご紹介しながらつぶやいています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふらふらめまい

「最近、ふらふらっとめまいがするんです。」という男性でした。

働きすぎちゃうの?

診察して治療を進めてゆきました。めまいに効果のあるつぼは結構きわどいところだったりする。足の親指のつめの脇(ダイトン)とか足の親指と人差し指とのつめの生え際辺りとか。(堀切流鍼灸より)聞いただけも「ふぇー、そこに鍼灸?いだいのでは?」って感じですよね。でも実はそんなに痛くはないのですが、お灸は熱さを感じるまですえるので異常に熱く感じてしまう事がある。

今回、その際どい足の指にお灸をすえた。

熱いのが苦手な彼にはかなり苦しい治療のようだった。

次にきたときにめまいの状況をきいたら「めまい、そういえばしなくなりました」

「ホントかなぁ」

(熱いのが大嫌いな彼だけに)かなり疑わしいところもあるが、本人がないというのならいいのかな?ということでそのときは際どいお灸はせず、めまいに関係する経絡へのアプローチにとどまりました。

先輩方に質問です。舌なり腹、脈、その他客観的なことから診ていって、患者さんの主訴ももちろん重要な診断のひとつになるのですよね?たまに治療し終わってから「実はこうなんです」とか「先日はこうだったのですが」なんてことがあります。・・・私への信頼が薄いという事にも関係しますが。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
脱OLし、不思議に東洋医学の路へと導かれる♪現在は、鍼灸師として活動しているほか、リコネクティブ・ヒーリング(R)哲学に共鳴し、医療従事者として、米国本部公認プラクティショナーとなり、リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。