大好きなお仕事のこと、夕陽やお花の写真をご紹介しながらつぶやいています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトマス試験紙のようなお茶

ここ最近からだが酸化しているような気がしてならない。

食べ物が悪いからだというのは自覚している。
酸化するとどうも「だるい」「やるきがない」などの症状がでてきてしまう。

さて、困った。

と、思っていたところ、こんなお茶に出会ってしまった。

まず、一口飲む「むむっ、少し苦いかな?」さらにお塩をなめてからもう一口「ややっにがーーーい」そばに居た女性は「これっ甘くておいしいですね」もう一人の男性は「あまり味しないっすね」

どういうこと?同じポットからでてきたお茶。「キャッツクロー茶」


このお茶、飲んだ人の身体の体質で味が変わるということ。

甘い   : アルカリ性
味がない : 中性
苦い   : 酸性

酸性とはいわゆる血液ドロドロ状態で、免疫力は低下、ひいては動脈硬化などの予備軍。えっえーっ。まずい。

このお茶、食事の後だとさらに味が変わります。不思議です。

ということで、このお茶を飲み始めます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
脱OLし、不思議に東洋医学の路へと導かれる♪現在は、鍼灸師として活動しているほか、リコネクティブ・ヒーリング(R)哲学に共鳴し、医療従事者として、米国本部公認プラクティショナーとなり、リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。