Welcome to my blog

鍼灸症例

患者さんの卒業

0 0
治療をしていると心を開いてくださるので、その方まるまるを知ることになることが多い。

毎回、どんなお話が聞けるのだろうと患者さんたちに会うのがとてもわくわく楽しみなのである。

しかし、症状が改善してしまうと「卒業」になるわけで、それはとてもうれしい反面、とても寂しいのである。学校の先生や親ってこんな気持ちなのかな?いやいや、わたしよりももっと時間をかけて一緒にいるんだから、寂しさは計り知れないかも。

それでも、卒業、笑顔で「お元気で」と伝えます。

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply