拝啓 カフェさま


お元気ですか?カフェがいなくなって日本は静かになりました。
たぶん、渋谷のクラブもさぞかし平和な事でしょう。

カフェとはカンフーの師匠。
  こいつ、ただの格闘技バカ、熱い男・・・・あっカフェごめん。

1年半前に1年間だけカンフーのお稽古をしていた。
ダンスを続けるために足腰を鍛えようとして始めた。本来はブラジルの格闘技ダンスカポエイラ
をやってみたくて道場に入った。道場といっても本格的な畳にお稽古着に男くさい汗にというもの
ではなく、場所は六本木のダンススタジオ。「六本木だしー、ダンススタジオだしー。」という考えが
甘かった。

最初に軽いアップ:jogging
筋トレ     :うさぎとび?大うさぎ?腹筋?腕立て(時に拳たて)
それに、自分がアクロバットのお稽古で習ったという逆立ちとか、ブリッジから立ち上がるのとか、
スクワットが入るときもある。なんとこれらがお稽古の90%を占める。
(お稽古トータルは70分)

うっそでしょ。でもほんと。
(ダーリンを連れて行ったら1回で悲鳴を上げてた。「よくやってるね。」)

お稽古の後は階段が降りられない。もぅお膝が笑っちゃってるのです。筋肉痛は抜けない。
1週間後、筋肉痛にさらに輪がかかる。とほほのほ。

何度やめようと思ったことか・・・
でも、彼の一生懸命さにやめられなかった。スタジオに体験に来る生徒はほとんど1回でいなくなる。
まじ、きつい。(お稽古を離れるとただのかわい子ちゃん好きの外人でしかないのになぁ。)

日本にカンフーを広めたいという一身で教えていた。

しかし、日本ではいろいろなしがらみが多すぎて疲れて故郷バミューダに帰っちゃったのです。
相変わらずそこで格闘技の全国大会にでているようですが。

日本はこれから寒い冬に向かいま?す。
                                                                かしこ

追伸:「カフェ」はあだ名
  彼は小さいころから少林寺をはじめ、中国に修行に行き、世界大会にも出場するという本格的
  格闘技野郎。25歳。バミューダ出身。K?1の2部みたいなところにスカウトされたが戦うのは
  痛いし、それでファイトマネーを稼ぎたくないということで格闘技を教えることに決めたという。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR