せんせいからのラブレター


ある患者さんが「毎月楽しみにしているんですよ。先生からのラブレター。」

毎月1回患者さん宛てに治療院からのお便りを出している。
内容は月ごとの暦の中からピックアップして調べたもの。週の食材を利用した簡単レシピ。
身体にまつわる雑学、東洋医学のお話などイラストをつけて年齢に関係なく読みやすいよう
にと。

最近、患者さんから「毎月ファイルしていますよ。」
         「この前のレシピでお料理してみました。」
などなど、ここ半年してようやくコミュニケーションが取れるようになった。

今の治療でお仕事をするようになって当初は海のものとも山のものともわからない人間に
かなりの警戒心があり、患者さんの数も少なくなった。そのためにお便りをつくり、
東洋医学のお話を織り込み、少しでも患者さんとコミュニケーションができればというのが
願いだった。心を開いてくれれば治療もスムーズに行く。

うれしい言葉をかけていただくと「つくってよかった」と思う。

ひとりでもいい。その人に心が届きますようにと願ってこれからもお便りを続けてゆきたい。
そう、わたしから患者さんへのラブレター。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
銀行員時代に心身ともに疲弊。その後、東洋医学の道へと導かれ、現在は、鍼灸師として中医学を基礎にした施術を提供。さらに、量子物理学を基礎にした最先端のヘルスケア「リコネクション(R)」の哲学に共鳴し、医療従事者として、メンター資格を取得。国内外でリコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRコード
QR