Welcome to my blog

yoseiの日々是好日

地球の裏側で起こった自然災害も

日本の小さな町に影響を及ぼしています。ただいま、実家の浜名湖におります。昨日のチリの地震の影響による津波で東海道線が不通のため身動きが取れません。小さな蝶々のはばたきが大きな風を起こします。私たちのほんの小さな意識がこうした大きな自然災害となって教えてくれています。意識を変えることの大切さを。多くの皆様のご冥福をお祈りいたします。鍼灸の施術は ⇒ 養精鍼灸院まで         hari@yosei333.jpリ...

オーラの見えちゃう女の子

小学校2年生のSちゃんが「私ね、手を見てるといろいろな色が見えるの」と教えてくれた。それってオーラかな?と思って「ね、ねっ、私のも見えるの?」って聞いたら「手を見せて。・・・(手を見た後に)オレンジと紫よ」オレンジは以前いわれたことのある色、そして今回はじめて紫!!!人間の体は7つのエネルギーの場からなっている(肉体に近いところから)肉体エーテル体アストラル体メンタル体ソウル体スピリチュアル体神性...

春はあけぼの

やうやう白くなりゆく 山際 少し明かりて  by.枕草子やっと関東地方も春らしい陽気になってきました今日は午後3時33にいらっしゃった方がいてなんだかうれしくなりましたさて、温かくなってから急に体調を崩したという方々からパタパタとご連絡をいただいております●めまい:急に温かくなった頃にふらふらっとめまいが     しました。     めましにもたくさんの種類があるのですが...

being  human

最近知り合ったお友達Aくん。6歳。あるがまま。ただ、いるだけでそれだけで十分な存在。A君の笑顔。光り輝いている。なんとも美しい光の存在。いとおしく愛すべきA君いつもはママとは手をつながないらしいんだけど、私が手を差し出すと手をつないでくれた。そして満面の笑顔で笑ってくれるのオ・ト・モ・ダ・チたぶん、そういって笑ってくれたんだと思う。少しコミュニケーションが遅れてるって言われてるAくん。だけどねほんと...

INFORMATION 毎月上弦の月開催

上弦の月開催の理由:月が満ちるまでの期間は知識や智恵、営養などの吸収がしやすいとき。特に上弦の月には吸収力がUPします!そんなときに、中医学の宇宙哲学のお話しを吸収していただけたらなーと思って毎月開催を予定しています。【妊婦さんケア】逆子、切迫流産、むくみ、マタニティーブルー、乳腺炎などさまざまな症状を訴える妊婦さん、産後ママが多くお見えになります。鍼灸では「安産の灸」「逆子の灸」は知られていても...

木の芽時(このめどき)

のどかなる 春のまつりの 花しづめ 風をさまれと なほ祈るらし(新拾遺和歌集より)屋久島から「春の訪れ」のお便りがありました。関東地方も金曜日あたりから太陽の光も復活し、徐々に暖かさをましてきました。木の芽時。樹々が新芽を芽吹くころをいいます。冬の間ためていたエネルギーが一気に外に出始めるってすごく強いエネルギーなんでしょうね。新しい命の芽生えですもの。だって、出産のエネルギーってすごく力強いでし...

あるがまま

=真如=ヒーリングそのもの=愛=光ヒーリングとは制限を外すことであり、進化を促すことでもあります。それは、光が本来あるべき周波数に移行するということです。興味深いことに、最近では DNA が光を発しているということを科学者たちが発見しています。そう、人は光を発しています。人は光の存在なのです。リコネクション(R)著者 エリック氏のcocoriraでのインタビューよりこの夕日を眺めていたら、全てのものに活かされてい...

寒い日には離せない

ほっこりあったまるぅ春??よコイ鍼灸の施術は ⇒ 養精鍼灸院まで         hari@yosei333.jpリコネクション(R)のお問い合わせは ⇒リコネクションルームYosei re-onnect@yosei333.jpへにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

寒い中お越しいただき

ありがとうございます。先週から関東地方は寒さが厳しいですね?そのような中、赤ちゃんを抱っこしていらっしゃるママさんたち。腰の具合いかがですか?赤ちゃんの風邪いかがでしたか?風の強い中、ベビーカーを押していらっしゃるママさん。赤ちゃんをぽんぶしながらロードバイクでやってきてくださったパパさん。雪の中自転車でいらっしゃった方帰りの坂道大丈夫でしたか?寒い雨の夜、傘を差して風の強い日、冷たい風に当たりな...

いざっ!都内へ

来週24日(水)は営業しております。基本的に水曜日はお休みをいただいておりますが、来週27日(土)28日(日)と地方出張のため、24日3月3日(水)は営業いたしますさて、ついにモータサイクル都内デビューいたしました!教習所ではあんなに不安と恐怖で大変な思いをしたのに、公道に出てからのほうが楽チン!楽しい!なんといってもクランクにスラロームのような道はないですからねぇ?しかし、右折、危なかった自由が丘へ行く途...

一歩前進

15年以上前から「不安」「落ち込み」「睡眠障害」の症状を訴え、大量の薬を抱え年末に落ち込みが激しくなった60代女性。(実は心療内科に見放されていてその時々で「不安 神経症」やら「鬱症」などと診断されドクターズ ショッピングを続けていらっしゃったそうです。)以前こちらでご紹介した娘さんからの贈り物として、リコネクティブ・ヒーリング(R)を受けられた方から新月の2月14日にはずむような声でご連絡がありまし...

信じられるもの

以前「あなたのこと信じてない。」と言っしまったことがあることを思い出した。そして、最近になってそれって「自分自身を信じてない」ということだったと気がついた。先日「孤独と不安」というタイトルで書込みをしたけれど、もう一度何に対して「孤独で不安」なのか?自分自身に問うてみた。私の結論は「自分自身を信じられないので不安。」「自分の本質、宇宙の本質とつながっていないと感じているから孤独」に感じてしまうので...

バレンタインディの出会い

うふっ今日はグレゴリオ暦のバレンタインデーと旧正月の新月が重なる興味深い日になった。新月に近くになると精神的にも落ち着いてくることが多いそうですが、今回の新月はどのような日をお過ごしでしたか?こちらには「精神的に落ち込む」という方からたくさん連絡をいただきました。「落ち着く」と「落ち込む」ではえらい違いですねぇしばらく雨模様の曇天が続いたから?「落ち着く」はずのエネルギーが「落ち込む」まで落ちた?...

科学的エビデンス

そんなに重要だろうか?統合医療の第一人者「帯津先生」は五木寛之氏との対談本「生きる勇気 死ぬ勇気」でこうおっしゃっています。『西洋医学の医師は科学的根拠がないからといって 代替医療を排除します。しかし、科学的根拠がない からといって「効かないわけじゃない」。代替医療 は「治った」「治らない」の二極化ではなく、一歩 前進させる医療なんです。』P.85一般的にも「針灸」の世界や「ヒーリング」の世界は『科学...

足首があるぅ(喜)

36週目に入った妊婦さんがいらした。むくみがひどく、パンパン。さらに食欲もなく精神的に落ち込んでいるという。妊婦さんにはよく見られる「むくみ」「マタニティブルー」妊婦さんの中医学生理としてどうしても「血虚」(*)になりがちのため、精神的に落ち込むことが多い。さらに、食欲もないとくれば「血」を作ることもままならず消費ばかりされているので、精神を養う「血」の不足から「マタニティブルー」になるのは明らか。...

恋愛指南

人の世話をしてる場合じゃないのだが最近見つけたいい男「ヒッピー界の瑛太くん」カリンバ奏者ヨガスタジオでご一緒のアラサー女子が最近「いい男」がいないという話をしていたので、「最近ね、いい男見つけたわよ。私が20歳若かったら猛烈にアタックしてるわ?。」とおせっかいおばちゃんは盛り上がったのであった。(20歳若くなくてもいけるらしいことが最近発覚)アラサー女子「瑛太はまさにタイプだけど、はずかしい」?なんで...

私たちは宇宙の方程式の一部

リコネクティブ・ヒーリング(R)中、ヒーリングエネルギーの受取り手の方と一体になることを心がけてヒーリングをしている。相手の方が「自分自身が光だったこと」を思い出してもらえるように。そうしているうちに、プラクティショナーである私自身も気持ちよくなり、私の不調がなくなっていることに気がつく。先日は1回目、2回目のヒーリングの後、珍しくひどい下痢になった。でも、その後は身体がすっきりして軽い。3回目のヒーリ...

そろそろ花粉症の季節でしょうか?

某企業で「花粉症通院休暇」が導入されたというニュースがありました。(2010年1月27日朝日新聞@press)そんなニュースを聞くとうらやましいと思われる方は多くいらっしゃると思います。私は花粉が原因の鼻炎ではないのですが、1月の終わりから3月はじめにかけての寒い時期に冷えによる「鼻炎」に煩わされておりました。ところが今年はまだその兆候がありません。鍼灸をした? ⇒ NO漢方薬を飲んだ? ⇒ NOなんとか療法をした?...

呼吸と心の関係

日常で「呼吸」に意識を向けることはほとんどないと思う。こちらにお見えになる方にも「呼吸が浅い」方がほとんどで「呼吸浅いですね?」っと言っても「そうですか?あまり意識しないので」とのお返事。体が緊張していると針を入れるときに痛みを感じやすいので「息を吐いて?」と呼吸を誘導することもある。緊張している方のほとんどが呼吸が浅く速い。昭和大学医学部の生理学研究室によれば「呼吸」は胎生期最初にできる「古い脳」...

「私は弱い」という思い込み

生後6ヶ月目に肺炎を起こした後に小児喘息になり、つきあうこと20年。親元を離れるようになって「ステロイド剤」からも解放された。今思えば、親の愛情がほしくて、友達の同情がほしくて発作を起こしていたのかもしれないと思う。元々色が白いので「体が弱い」と勘違いされやすくそれを逆手にとって「私弱いんです。」と主張していたOL時代。睡眠薬、胃薬、頭痛薬、安定剤ありとあらゆる薬を持ち、いろいろなことが起こるたびに「...

孤独と不安

都会では周りに人はたくさんいるけれども誰ともとながっていないと感じる孤独や、情報はたくさんあるけれど信じられるものがないうえに、追い討ちをかけるような報道の過剰な不安を煽る報道などなど、底はかとない恐れがあるように感じています。実際にこちらにもそんな方が多くお見えになります。特に難病と診断され病名を告げられた方々や妊娠して「新しい命」を宿したママさんたち。病気がその人のパーソナリティになってしまい...

生まれる前の記憶を持つ子供ちゃんたち

最近こちらには生まれる前の記憶を持つお子さんやそういうお子さんのご両親がお見えになることが多くなった。友達の子供Mちゃんは「いきなり周りが真っ赤になって、すご?く暗い道を通ってでてきたの。苦しかった?」と出産のときのことを覚えていたそうです。5歳になるUちゃんは「どうしてもママの所に来たかった。お空で友達と遊んで いたら、神様に呼ばれてママのお腹に入ったよ。一緒に 遊んでいたお友達は今同じマンションに...

立春

旧暦(中国、日本の太陰太陽暦)では二十四節気の一つ。今日から新しい年としてスタートを決める方、立春すぎの一番近い新月をお正月とする中国暦、太陽神を信仰しているところでは冬至を新年とするところもあり、みんなそれぞれの時間があっていいですよね。さて、雪が降りましたが、近くのお家のお庭や公園に梅の花が咲き始めています。春が待ち遠しいですね?。春を迎えるこの時期、「腎」を滋養することが大切になります。五行...

節分

節分とは元々、立春、立夏、立秋、立冬の年4回の前日季節を分けるという意味でした。平安時代の「追儺(ついな)*」が室町時代に立春前日の節分に豆まきをする習慣となり、それが今に伝わっています。「豆」をまくというのは「お豆」には人知を超えた不思議なエネルギーが宿るという穀霊信仰から、そのエネルギーで邪気や災厄を追い払おうという考え方に基づいています。昔の人たちは生きとしいけるもの全てに神が宿ると考えてい...

雪かき

昨夜、雪の中を自転車でいらしてくださった患者様がいらっしゃいますが、帰り道、大丈夫でしたでしょうか?降り続いた雪で玄関前の道に雪が積もっておりました「おっ、そうだ。雪だるま作ろっ!」(その前に、すべったら大変?って思わなかったのか しら?)雪だるまって実は初めて作りましたが、真ん丸く作るのって思いの外大変なんですね?。愛嬌のある顔でしょクリスマスカラーのリボンをマフラーにしたのでジーザス君です。作...

ふらふらめまいが消えました?♪

子供の風邪と仕事の忙しさが一気にやってきたママさんが自分自身の体調が崩れてしまったといらっしゃいました。症状は「ふらふらめまい」めまいにも多くの診方がありますが、この方の場合、今回は「肝血不足」眠りが浅く、寝不足で集中にしているときにとくにひどいという。さらに食欲もなく、顔も色白、脈は細く力がない。生理は遅れ気味。ということで、「養血」と「脾気」を高める施術をしたところその日からぐっすり眠れるよう...