Welcome to my blog

yoseiの日々是好日

複式呼吸でセロトニン分泌量増加

セロトニンは最近うつ病や精神的疾患などへの影響があるとして有名になった神経伝達物質のひとつ。人体では主に小腸に分布し腸の運動に関与しているものとごくわずか中枢神経系にあるものが精神活動に関与しており不安や緊張を解き心身を爽快にする働きをしているのだそうです。東邦大学の医学部教授は「腹式呼吸をすることによりセロトニンが増加する」と実験結果を発表しています。ストレスが多い患者さんの中で呼吸が浅い方が顕...

新型インフルエンザ対応策

徐々に拡大を広げている新型インフルエンザですが、冷静な対応をしましょう。こちらにお見えになる妊婦さんや10歳以下のお子様を持つお母様方から「タミフル」が服用できない場合はどうすればいいの?「予防法は?」という問い合わせがあります。漢方薬での対応なども可能だそうで、薬剤師の先生に確認してみました。●予防が第一*特に妊婦さんの場合・外出後の手洗い、うがいはもちろんのこと・マスクの着用・外出後の洗顔も・【...

嫌いな人

たくさんいました。嫌いな人の価値観は実は自分の心の中に同じものがあり、その人の嫌いなところが鏡となって自分の心が映し出されているという話があります。そういえば、最近「嫌い」という感情が変わってきた感覚があります。あえて抵抗しないというか全く拒否するのではないというか、いったん受け入れるというか。その嫌いな人全てを否定するのではなく嫌いなところを「それもあり」だと思うだけなんですけどね。それでもあえ...

高齢者と妊婦さんが

「高齢者と妊婦さんが障害者として認められて保護されている 国が北欧のほうにあるんだそうです。」先日患者さんがこんなことをおっしゃっていました。「その国では、高齢になると目が見えなくなったり耳が聞こえなく なったりしますよね。それって障害を持っていると同じことと 考えられているそうなんです。そして、妊婦さんにも動きに制限 がでてくるため、障害を持つ方と同様保護されるんだそうです。」全く同じことを先日...

漢方薬もインフルエンザに適応

インフルエンザの治療に漢方製剤の「麻黄湯(まおうとう)」を使うと、抗ウイルス薬のタミフルと同じ程度の症状軽減効果があるという研究結果を、福岡大病院の鍋島茂樹部長らが明らかにした。新型インフルエンザへの効果は未確認だが、タミフルの効かない耐性ウイルスも増える中、注目を集めそうだ。日本感染症学会で4月に発表された鍋島部長らの研究は、昨年1月?4月に同病院を受診し、A型ウイルスを検出した18?66歳の男女2...