大好きなお仕事のこと、夕陽やお花の写真をご紹介しながらつぶやいています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複式呼吸でセロトニン分泌量増加


セロトニンは最近うつ病や精神的疾患などへの影響がある
として有名になった神経伝達物質のひとつ。

人体では主に小腸に分布し腸の運動に関与しているものと
ごくわずか中枢神経系にあるものが精神活動に関与しており
不安や緊張を解き心身を爽快にする働きをしているのだそう
です。

東邦大学の医学部教授は「腹式呼吸をすることによりセロト
ニンが増加する」と実験結果を発表しています。

ストレスが多い患者さんの中で呼吸が浅い方が顕著にみられ
ます。その場合には腹式呼吸をお奨めしています。また、妊婦
さんはどうしても腹式呼吸ができないので、別の方法もご用意
しています。

お金がかからず、自分の身体の仲の物質で副作用もなく簡単
にできる「腹式呼吸」はお奨めです。鍼灸の施術をしている
途中に呼吸が変わってくるのがわかります。そうするととても
リラックスして深い眠りにつかれる方も多いです。

私は寝る前に複式呼吸を3回しただけでぐっすり眠ってしま
います。どこでも寝られるのでうらやましがられます。笑
スポンサーサイト

新型インフルエンザ対応策


徐々に拡大を広げている新型インフルエンザですが、
冷静な対応をしましょう。

こちらにお見えになる妊婦さんや10歳以下のお子様を持つ
お母様方から「タミフル」が服用できない場合はどうすれば
いいの?「予防法は?」という問い合わせがあります。

漢方薬での対応なども可能だそうで、薬剤師の先生に確認して
みました。

●予防が第一*特に妊婦さんの場合
・外出後の手洗い、うがいはもちろんのこと
・マスクの着用
・外出後の洗顔も
・【板藍根(現、板藍茶)】でうがい
 *板藍茶(ばんらんこんちゃ)は微生物による感染症や、
  炎症性疾患の予防や治療に有効で、これをご利用の方の
  ほとんどが、「予防摂取なし」で、「季節性のインフル
  エンザにも罹患することなく」過ごされています。

  エキス顆粒なので、白湯で溶いて、帰宅後やウィルス・
  最近の保持者と接近した後に、半分うがいし、残りは
  うがいしながら飲むようにします。人混みに出られる前
  に少し飲んで頂いたり、溶かしたものを持って出る方も
  多数いらっしゃいます。

  ちょっとおかしいナ…と思った時に、うがい&飲用すると
  「かなりすぐ効きます!」

以前、10代でタミフル服用で副作用が出たお子さんがいらっしゃった
そうで、ご家族から連絡があり、板藍根と、症状に合わせたお薬を
服用して頂いた所、「すぐ回復」しました。この他、新薬との併用
でも「回復が早いことは、中国でも、日本でも確認されています。」

とのことです。関西方面で人気のため品薄の様子。
お求めは ⇒ 泰生堂薬局

嫌いな人


たくさんいました。

嫌いな人の価値観は実は自分の心の中に同じものがあり、
その人の嫌いなところが鏡となって自分の心が映し出され
ているという話があります。

そういえば、最近「嫌い」という感情が変わってきた感覚
があります。あえて抵抗しないというか全く拒否するので
はないというか、いったん受け入れるというか。

その嫌いな人全てを否定するのではなく嫌いなところを
「それもあり」だと思うだけなんですけどね。

それでもあえて近寄ることはしないです。

高齢者と妊婦さんが


「高齢者と妊婦さんが障害者として認められて保護されている
 国が北欧のほうにあるんだそうです。」

先日患者さんがこんなことをおっしゃっていました。

「その国では、高齢になると目が見えなくなったり耳が聞こえなく
 なったりしますよね。それって障害を持っていると同じことと
 考えられているそうなんです。そして、妊婦さんにも動きに制限
 がでてくるため、障害を持つ方と同様保護されるんだそうです。」

全く同じことを先日の映画に出演されていた山元さんもおっしゃっ
ていました。

「誰でも歳をとり、目が見えなくなったり、物が覚えられなくなっ
 たりしますよね。障害を持って生まれてきた子供たちや若くして
 障害を持った子供たちはその時期が少し早かっただけ。誰もが
 障害を持つようになるんですよ。だから、隔離したり偏見の目で
 見ないで、「それがあたりまえなんだ」と受け入れられる世の中に
 なって欲しいと願うんです。」

と。

山元さん出演の映画の中でペルーで古代文明を研究されている坂根氏
がこんなお話をされていました。

「昔の人は普通と違う姿かたちをして生まれてきた人たちには特別な
 役割があったと考えられており、守ったりあがめられたりして大切
 にしていました。さらに、「病気には意味がある」と考えられ病気
 は社会のひとつの現象として受け入れられ生活してきたため、遺品
 の中に病気や障害を持った人たちのものが数多く残っているのです。」

『病気にも障害にも意味がある』

それが「あるがままそのまま」受け入れられるそんな世の中になると
いいですね。

漢方薬もインフルエンザに適応


インフルエンザの治療に漢方製剤の「麻黄湯(まおうとう)」
を使うと、抗ウイルス薬のタミフルと同じ程度の症状軽減
効果があるという研究結果を、福岡大病院の鍋島茂樹部長
らが明らかにした。

新型インフルエンザへの効果は未確認だが、タミフルの
効かない耐性ウイルスも増える中、注目を集めそうだ。

日本感染症学会で4月に発表された鍋島部長らの研究は、
昨年1月?4月に同病院を受診し、A型ウイルスを検出
した18?66歳の男女20人の同意を得て実施。うち
8人はタミフル、12人は麻黄湯エキスを5日間処方した。
ともに発症48時間以内に服用し、高熱が続く時は解熱剤
を飲んでもらった。

服用開始から平熱に戻るまでの平均時間は、タミフルが
20・0時間、麻黄湯が21・4時間でほとんど違わな
かった。解熱剤の平均服用回数はタミフルの2・4回に
比べ、麻黄湯は0・6回と少なくて済んだ。

麻黄湯のインフルエンザへの効能は以前から承認されており
健康保険で使える。

(以上、Mixiニュースより)

麻黄湯は悪寒発熱に加え咳があり、汗が出ないという特徴の
風邪のときに適応する漢方薬です。そして板藍根茶(ばんらん
こんちゃ)は風邪予防のうがい剤としても有名です。中医学
では「SARS」のときにも漢方薬で対応した実績があります。
日本でもっとこういったことが広まると良いですね。
hari-yoseiからのツイート
プロフィール

yosei333

Author:yosei333
脱OLし、不思議に東洋医学の路へと導かれる♪現在は、鍼灸師として活動しているほか、リコネクティブ・ヒーリング(R)哲学に共鳴し、医療従事者として、米国本部公認プラクティショナーとなり、リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)を提供している。

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。